お世話になった人へ贈るお歳暮選び|贈るタイミングが大事

ウーマン

マナーを守って贈りものを

内祝い

出産内祝いを贈る際は、品物の選択以上にマナーを守ることが重要です。金額は基本的に半額ですが、高額の出産祝いの場合は三分の一でも構いません。渡す相手の世代などを考えて、品物を選ぶようにするといいでしょう。

この記事を読む

どんな場面にもピッタリ

筆記用具

名入れボールペンはお祝いのどんな場面にも喜ばれるお品です。名前があることで特別感もありますし、世代、性別を問わず様々な場面で喜ばれるものとなっています。名入れボールペンは文具店や通販で発注することが出来ます。

この記事を読む

一年のお礼を込めて

お歳暮

渡すタイミングに工夫を

お歳暮とは、お世話になった人に贈る品物のことです。通常、12月10日から25日頃に贈ります。ですが、近年では贈るタイミングがだんだんと早くなってきています。お歳暮は一年の感謝を込めて贈るものなので、本来ならば風呂敷に包んで持参するのが習わしです。しかし、距離や時間の都合から、デパートなどから直接配送することも増えてきています。持参する場合でも、送る場合でも、タイミングを工夫するのが大切です。持参するのならば、相手が在宅しているであろう時間帯にあらかじめ連絡してから向かうのがマナーです。送る場合は、品物により送る時期を変えるとよいでしょう。お正月に関係した品物ならば、年末近くになってからがよいですし、そうでなければ早めに送ってもかまいません。

ふさわしいものとは

お歳暮にふさわしいものとは、お酒や食べ物、消耗品などの何度もらってもうれしいものです。贈る際は、相手の好みや家族構成などを考えて贈るとよいでしょう。小さいお子さんがいる家庭ならば、お子さんも楽しめるような飲み物やお菓子などが喜ばれます。お酒好きの人ならばビールやお酒、おつまみなどがよいでしょう。遠方の人に贈るならば自分の住んでいる地域の名産品を贈るのもおすすめです。また、年末の時期に贈るものなので、鍋に入れるとおいしい蟹やエビ、肉類などを贈ったり、おせちに使われる品物や食べ物を贈るのもよいでしょう。商品券なども無難ではありますが喜ばれるお歳暮です。そこまで厳格な決まりがあるわけではないので、相手の好みにあわせて選ぶとよいでしょう。

結婚をお祝いする

夫婦

形に残る品物を贈って結婚を祝う気持ちを伝えたいと考えているのなら、結婚祝い品をプレゼントするとよいです。高品質の台所用品やパジャマなどを贈れば、とても喜んでもらうことができます。ただし、「壊れる」「切れる」に通ずる品物を贈るのは避けるのが望ましいです。

この記事を読む