結婚をお祝いする|お世話になった人へ贈るお歳暮選び|贈るタイミングが大事

お世話になった人へ贈るお歳暮選び|贈るタイミングが大事

プレゼント

結婚をお祝いする

夫婦

プレゼントを贈るなら

最近は、親族のみを招いてこじんまりとした結婚式を挙げるカップルが増えています。その場合、挙式や披露宴に友人が招かれることはありませんが、披露宴後に行われる二次会に招待されるのが一般的です。その時には、結婚祝いを持参する必要があります。挙式・披露宴に比べるとグッとくだけたパーティーになりますが、だからと言って手ぶらで参加するわけにはいきません。ご祝儀を包む場合は、2〜3万円が相場になります。現金の結婚祝いが一番喜ばれるのは事実ですが、結婚祝い品を贈っても構いません。結婚祝い品を贈る場合は、贈られた2人が本当に喜んでくれる物を選ぶ必要があります。一般的に歓迎されるのは、新生活で使える実用品やいくつあっても困らない物、欲しくても自分ではなかなか買うことができない高価な品物などです。新郎新婦と親しいのであれば、本人に直接欲しい物を尋ねてみるというのも一つの方法です。

贈り物のマナーについて

結婚祝いを品物で贈る場合は、「のし」をつけます。のし紙の表書きは、「寿」「御結婚御祝」「御祝」などになります。水引は「結び切り」が正式なものとされていますが、「切り」という文字はあまり縁起がよくないため、「輪結び」が使われることが多くなっています。ちなみに、贈り主の名前は、苗字だけでなくフルネームを書いておく必要があります。どのような品物が喜ばれるのかについては先程書いた通りですが、結婚を祝うプレゼントですので、「別れ」を連想させるような品物を贈ってはいけません。たとえば、包丁やハサミ、陶磁器類など贈るのはやめておくのが無難です。ただし、新郎新婦の方から「高級包丁が欲しい」などとリクエストされるケースがしばしばあります。ごく親しい間柄であればそのリクエストに応えてもかまいませんが、新郎新婦の御身内の方が嫌がる可能性もありますので、注意が必要です。