マナーを守って贈りものを|お世話になった人へ贈るお歳暮選び|贈るタイミングが大事

お世話になった人へ贈るお歳暮選び|贈るタイミングが大事

プレゼント

マナーを守って贈りものを

内祝い

もらった人への感謝

出産内祝いは、自分たちに出産祝いを贈ってくれた人への感謝の気持ちを込めて贈るギフトのことです。本来は出産の報告や挨拶を兼ねていたので、出産祝いをもらったかどうかは関係なく、お披露目の場を設けて贈るものでした。ギフトを贈る時には、品物の選択以上にマナーを守っているかが重要になります。いくらいい内祝い用のギフトでも、礼儀に欠けた贈り方では社会人としての常識を身につけていない人として判断されてしまうからです。まず金額ですが、いただいた出産祝いの半額にしましょう。高額な場合は三分の位置でも構わないですし、逆に少額の場合は1000円程度の商品を内祝いに贈るか、手紙を送っておけば大丈夫です。喪中の人の場合は、忌中を過ぎてからにします。

喜ばれるギフトにしたい

喜んでもらえる内祝いを贈るには、出産祝いの金額の他にも、相手の世代などを考慮して選ぶ必要があります。例えば上司とママ友に同じような内祝いを贈った場合、どちらかの人にとってはあまり適さないギフトになっている可能性があるからです。まず上司やあまり交流のない親族などへ贈る場合、好みがわかっているならいいですが、よく知らないなら高級感のある品物を贈っておけば問題ないです。百貨店などの高級ギフトから選びましょう。若い人への内祝いの場合は、スキンケアやタオルなどの日常的に使うものでも、普段買うことができないようなブランド物にすると喜ばれやすいです。家族がいる人に贈る場合は、ファミリー向けのお菓子セットなどが適しています。